ステークホルダーとの対話
従業員、地域社会

ファクトリーダイアログ in 御嵩

CSRファクトリーダイアログ in 御嵩

ステークホルダーとともに歩む関係づくり

写真

住友理工グループでは社会から信頼され、必要とされる企業であり続けるために、CSR活動に積極的に取り組み、これまで4拠点において地域の皆様と意見交換を行う「ファクトリーダイアログ」を開催してきました。今回は、住友理工グループの主力生産拠点である東海化成工業が拠点を置く岐阜県可児郡御嵩町において、重要なステークホルダーである地域の皆様と“直接対話”というコミュニケーションを図ることにより、皆様との関係性を一層深化させることを目指し、住友理工グループ「CSRファクトリーダイアログ in 御嵩」を実施しました。

参加者

【ファシリテーター】

  • 秦野 利基 氏特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク 代表理事

【ステークホルダー(50音順)】

  • 各務 眞弓 氏NPO法人可児市国際交流協会 事務局長
  • 小林 智尚 氏岐阜大学大学院 工学研究科 教授
  • 平井 学 氏岐阜県立東濃高等学校 校長
  • 武藤 哲生 氏水土里隊 隊長
  • 渡邊 公夫 氏御嵩町町長

【陪席者】

  • 今永 典秀 氏岐阜大学 地域協学センター 特任教授

このファクトリーダイアログでは、地域の皆様とともに歩む関係づくりや今後の社会的責任の果たし方、また社会課題解決に向けた協働に関する可能性の模索と、東海化成工業の取組みへの評価や期待について、それぞれの立場からご意見をいただきました。住友理工からは、尾崎・代表取締役執行役員副社長、南野・常務執行役員、東海化成工業からは、水上・代表取締役社長(住友理工・執行役員)、宮永・常務取締役が出席しました。

参加者からの声

東海化成工業と地域の皆様との今後の関わり方について

  • 環境モデル都市のまち御嵩で生産活動を行っていることを全面に出し“環境モデル都市”という看板をおおいに利用していただけるとよい。また、行政といろいろな事業をともに考えながら進めてもらえることを期待したい。
  • 地元の企業として、地元で育った若者を雇用していただいていることは、地元地域に貢献できる人材の育成に繋がるため、その取組みを今後も続けて欲しい。
  • 技術を持った外国人を定着させたいと考えている東海化成工業はすばらしい企業である。そのためにも、企業内日本語教室を今後も継続していただき、1つのモデル事業として外部にアピールされてはどうか。
  • 緑の美しい町・御嵩の里山を守るため、東海化成工業の方にも地元との交流を通じて、山づくりや里山整備などに参加していただきたい。
  • 大学としては、学生に地元岐阜に就職して欲しいと考えている。そのためにも、東海化成工業のような企業があるということを学生に紹介したく、工場見学やインターンシップの受け入れをお願いしたい。

地域課題を地域連携や関わりによって解決する方法について

  • 外国人などの他者を受け入れる柔軟性を持つことで、日本人とは違った視点や様々な考え方を持つ人、また異文化に触れることで心豊かな子どもが育ち、地域で活躍する人材の育成に繋がるのではないか。
  • 地域課題を解決するには、連携強化が必要であり、従業員のみなさんが地域に溶け込んでいただくことが必要である。

現在取り組んでいる地域との関わりについての評価と今後への期待について

  • 従業員の方に、御嵩町で開催されるイベント等への参加をしていただき、そこで発見した御嵩の魅力を発信する広報大使となっていただきたい。
  • 企業内日本語教室を受講された方から、東海化成工業はとても楽しい会社だとの評価が多く、企業内の雰囲気が非常に良いことが伺える。
  • 御嵩町の中でも東海化成工業が優良企業であることを知らない方が多いので、もっとPRすべきである。
  • まちの活性化と次世代育成のために、東海化成工業をはじめとする工業団地で働く若い方に、まちのイベント等への関わりをお願いできると良い。
  • 環境問題への取り組みとして、従業員の方にも御嵩町の山へ入っていただき、一緒に作業をしていただけるとありがたい。
【ファシリテーターより】

御嵩町は、昔から外国人や様々な意見を受け入れる素晴らしい風土があるとお聞きし、この地では様々なセクターが連携・協働し、共に未来づくりができるという大きな可能性を感じました。また、東海化成工業の日々の取組みについて、ステークホルダーの皆様からも評価されている点が多々あることを知ることができたかと思います。皆様からご意見があったとおり、その取組みについて、自信を持ってもっと積極的にPRを行うことが必要でしょう。今後においては、東海化成工業が、それぞれの立場で、さまざまな取組みをされている方同士の繋ぎ役として、また、“地域の架け橋”となり、地域の皆様とともにより発展していくことを期待します。

写真

地域とともにさらなる発展にむけて

今回のファクトリーダイアログでは、地域の皆様から多数の貴重なご意見をいただきました。その中でも特に、自然環境や文化的な背景においても、御嵩町には豊かな心を持った子どもたちが育つ環境が整っていることを感じました。その豊かな自然環境の中で生産活動を行えることが誇りであること、また、その生産活動に関わる雇用を通して、これからこの地域を担う次世代の育成に貢献することが期待されていることを知ることができました。住友理工グループ、東海化成工業といたしましても、地域密着を目指した事業活動を推進しておりますので、今後も、皆様と一緒に、地域ひいては日本の将来、世界の繁栄を願ってそのための一助を担っていきたいと考えております。

(2016年11月実施。肩書きはいずれも当時)

住友理工株式会社

お問い合わせ お問い合わせ窓口をご案内します。