住友理工

 

住友理工

経営情報

Management

MENU

株主・投資家の皆様へ

株主の皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。住友理工グループへの日頃のご愛顧に心より御礼申し上げます。

また、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々およびご家族、関係者の皆さまに謹んでお悔やみ申し上げます。現在り患され、苦しんでおられる皆さまが早期に快方へ向かわれることを切に願っております。そして、医療従事者をはじめ感染防止にご尽力されている皆さまに深謝申し上げます。

2020年度の業績につきまして、売上高は、自動車の生産台数は20年7月の予想よりも上振れて回復しましたが、上半期の新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、前期比減収となりました。事業利益は、間接費の低減に全グループで取り組んでいる中、中国を中心とした売上回復の効果によって当初予想を上回る着地となりましたが、売上高同様、累計では前期比で減益となりました。

このような厳しい環境下においても、全社一丸となって間接費低減や業務改善に取り組むことで、持続的な事業運営が可能であることを皆で経験できたことが、コロナ禍で得た教訓であると感じています。今後も成長し続けられる組織へと変革するため、費用対効果を見極めながら、適切な投資を進めていきます。

株主の皆さまにおかれましては、当社グループの企業活動について一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

清水 和志

代表取締役 執行役員社長

清水 和志

MENU