Refreshine リフレシャイン

熱線を反射させる高透明窓用フィルム「リフレシャイン」。
ナノ技術を活用した特殊フィルム構造で熱線を反射し、オフィスやショールーム、
パブリックスペース、ご家庭など、さまざまな空間に高い節電効果を発揮します。

サムネイル

リフレシャインとは

「リフレシャイン」は、窓ガラスの内側に貼り付けるだけで節電対策につながる高機能透明フィルムです。
一般的に遮熱・断熱フィルムは、性能を上げれば採光や視界といった透明性が妨げられます。
この相反する遮熱・断熱と透明性という2つの大きな課題を、最先端の技術でクリアしたフィルムがリフレシャインです。

イメージ
夏の遮熱
冬の断熱

リフレシャインを窓に貼ることで、高い透明性を維持したまま
夏の熱をカット(反射)し、冬の暖気を逃しません。

製品の特徴

1.遮熱・断熱性 夏は涼しく冬は暖か、居室内の快適空間を演出 詳しく見る 2.節電 年間を通じて焼く20~30%の冷暖房電力の低減効果が見込まれます 詳しく見る 3.飛散防止(BCP対策) 地震などで窓ガラスが割れたときの飛散を防止 詳しく見る
4.透明性 可視光線70%以上透過 詳しく見る 5.UVカット+防虫性能 有害な紫外線を99%以上カット 詳しく見る

熱線反射性能

熱線反射性能

夏場は太陽光エネルギーの暑さの要因となる、近赤外線を90%以上室内側に透過させない(室外に反射する)ため、室内昇温抑制効果があります。
冬場は、室内で発生する暖房機器の遠赤外線を68%室内側に反射(窓から透過しない)することで、室内熱を窓から逃がしません。
リフレシャインは、年間通じて室内温度を最適に保ち、エアコンなどの使用電力低減に効果があり、Co2削減に繋がります。
リフレシャインは明るさの源となる可視光線を70%以上透過させ、且つ有害な紫外線を99%以上カットする機能も併せ持っています。

グラフ グラフ
熱線カット性能

ナノメートル(10億分の1メートル)単位の薄さの「ナノ機能膜」を独自の設計で何層も重ねることで、”光波長の選択”を可能にします。

フィルム構造

※リフレシャインの自社実験結果による性能。その他製品詳細についてはお問合わせください。

お問い合せ・資料請求
住理工商事株式会社
販売に関するお問い合わせ先 国内総販売代理店 住理工商事株式会社 052-951-5896 平日9:00~17:30(土・日を除く)
技術・品質に関するお問い合わせ先 住友理工株式会社 0568-77-4982 リフレシャイン事業室/平日9:00~17:00(土・日を除く)

製品スペック

新商品 遮熱・断熱フィルム


TW32 TW33
特  徴 透明・コスト・遮熱・断熱
節電効果 冷房・暖房の電力使用量を20%~30%低減
遮蔽係数 0.66 0.65
可視光透過率 73% 68%
熱貫流率(W/㎡・K) 4.5 4.6
販売時期 2012年10月 2012年11月

※ 上記性能値は代表値であり保証値ではありません

リフレシャインTW32・TW33は非常に高い可視光透過率と
遮熱・断熱を実現しています。
住環境を快適にし、高い採光性、眺望性を持つ最適な製品です。

リフレシャインTZ33は70%以上の可視光線透過率と低価格を実現しながら熱の要因となる近赤外線を60%以上遮断します。 その為採光性、眺望性を重視する場合は最適な製品となります。

商品の選び方

使用目的 性能・価格 特徴 フィルム選定
暑さ対策 リーズナブル 明るさを維持 遮熱グレード TZ33
暑さと寒さの対策 リーズナブル 温かみ感(オレンジ色) 遮断熱グレード TW32
すっきり感(ブルー色) 遮断熱グレード TW33
居住空間はもちろん、オフィス空間でも快適にご利用いただけます。 住居空間 導入シーン オフィス ※画像はイメージです

施工方法

よくあるご質問

飛散防止効果に関する質問

フィルムを貼るとガラスが割れにくくなるのですか?
建築用窓フィルムは、ガラスが割れた際の破片の飛散・落下による二次災害や、アーケードなどのガラス面への落下物の貫通を防ぐことに効果があります。施工したからといって、ガラス自体の強度が高まり、割れなくなるというわけではありません。
窓フィルムの耐久年数はどのくらいですか?
ガラスに使用の場合、内貼り10年位が目安です。日本ウインドウフィルム工業会の指針でも、透明タイプで内貼り施工後10年以上経過したものについては、貼り替えることを推奨しています。施工環境によって耐久年数は異なります。
ガラス飛散防止効果について、データ面での裏付けはあるのですか?
JIS A 5759規格に基づく各種試験をクリアしています。
JIS A 5759規格に基づく試験とは具体的にどういうものですか?
人や物がガラス面に衝突した場合の安全性に関するA法(衝撃破壊試験)と、地震などによりガラスが歪んだ場合の安全性に関するB法(層間変位破壊試験)とがあります。
熱線遮断効果とは、具体的にどういう効果ですか?
ガラスを透過する熱線を遮断することによって、室内の冷房効率をアップする効果です。

施工ガラス種類に関する質問

どんなガラスにも施工できるのですか?
特殊な場合を除いて、一般的な透明ガラスには大体、貼ることができます。但し、網入り・熱線吸収ガラス等に貼ると熱割れの危険があり貼れないケースもあります。

防虫効果に関する質問

防虫効果は、どんな昆虫に効果があるのですか?
多くの昆虫が感応する光の波長域をカットすることにより、その誘引を阻止するフィルムですので、光に集まる特性を持つ昆虫に効果があります。具体的にはウンカ・ヨコバイ類・ユスリカ類・ガ類です。

施工について

ポリカーボネート板、アクリル板に貼ることはできますか?
ポリカーボネート板、アクリル板にフィルムを貼ると、ガスの発生による浮き、膨れが起きる可能性があります。
施工する前の準備はどの程度しておけば良いのですか?
作業をするうえで、施工するガラス面の周辺に約1m以上のスペースが必要です。重たい物、大きな物、高価な物などは事前の移動をお願い致します。
周辺の機器などが汚れたりする心配はないのですか?
施工時にはガラスの清掃時とフィルムの貼り付け時に水を使いますが、スプレーを使用するだけですのであまり問題はありません。作業中は必要に応じて養生シートを使います。
フィルムを貼った後の注意事項はありますか?
水を使用して施工しますので、完全接着までに1~2週間程度を要します。清掃はフィルム施工から1ヶ月以上経過した後にしてください。また、清掃には、水で濡らした柔らかい布またはスポンジ等をご使用ください。
保証期間は、いつまでですか?
本製品の施工の完了日から3年間ですが、免責事項等あります。詳細は製品保証事項でご説明致します。
1日の施工数量は、どれ位ですか?
個人差もありますが、施工前後の施工環境作り、片付け作業を含めて一日約20㎡/人の作業量になります。
お問い合せ・資料請求
住理工商事株式会社
販売に関するお問い合わせ先 国内総販売代理店 住理工商事株式会社 052-951-5896 平日9:00~17:30(土・日を除く)
技術・品質に関するお問い合わせ先 住友理工株式会社 0568-77-4982 リフレシャイン事業室/平日9:00~17:00(土・日を除く)

© Sumitomo Riko Company Limited 2012