住友理工

 

住友理工

沿革

Corporate History

MENU

1929~1987年 「第1の創業」

 
1929

三重県四日市市に昭和興業株式会社として創業

 
1930

蒲田調帯株式会社に社名を変更

 
1937

住友グループの傘下に、東海護謨工業株式会社に社名を変更

 
1943

松阪工場(現・松阪製作所)操業開始

 
1949

名古屋証券取引所(名証)に株式を上場

 
1954

自動車用防振ゴム事業参入

 
1959

ラジエーターホース実用化、自動車用ホース事業本格参入

 
1960

小牧工場(現・小牧製作所)操業開始

 
1961

東海ゴム工業株式会社に社名を変更

 
1964

本社を四日市市から愛知県小牧市に移転

 
1971

産業用大口径超高圧ホース製造着手

 
1976

現場での改善活動を通じた人材育成の取り組み、フォアマン研修(F研)開始

 
1984

事務機器向け精密部品事業参入

 
1986

テクニカルセンター完成(愛知県小牧市)

 

1988~2012年 「第2の創業」

初の海外進出

 
1988

初の海外拠点として米国にDTR Industries, Inc.(現・SumiRiko Ohio, Inc.)を設立

 
1990

富士裾野工場(現・富士裾野製作所)操業開始

 
1994

東京証券取引所(東証)市場二部に株式を上場

 
1995

アジア圏に初の拠点設立(タイ・中国)

 
1996

東証・名証一部に指定替え

 
1999

欧州圏に初の拠点設立(ポーランド)

 
2001

住宅向け制震装置開発、住宅市場へ参入

 
2002

海外初の開発拠点として米国にTRI Technical Center USA, Inc.(現・SumiRiko Technical Center America, Inc.)を設立

 
2006

グループ行動憲章制定

 
2008

技術研究所「テクノピア」完成(愛知県小牧市)

 
2011

中国初の開発拠点として東海橡塑技術中心(中国)有限公司を設立

 

2013年~ 「第3の創業」

M&Aによるグローバル体制の強化

 
2013

イタリアの自動車用ホースメーカー・Dytech‑Dynamic Fluid Technologies S.p.A.(現・SumiRiko Italy S.p.A.)、ドイツの自動車用防振ゴムメーカー・Anvis Group GmbH(現・SumiRiko AVS Holding Germany GmbH)をそれぞれ買収・連結子会社化

 

研修センター「鵜沼三学館」完成(岐阜県各務原市)

 
2014

住友理工株式会社に社名を変更

 

燃料電池自動車(FCV)のFCスタック向けゴム製シール部材「セル用ガスケット」の量産開始

 
2015

ゴム製シール部材「セル用ガスケット」の生産機能を担う住理工FCシール株式会社を設立(愛知県小牧市)

 

東北初の自動車用防振ゴム生産拠点として住理工山形株式会社を設立(山形県米沢市)

 

一般産業用品の販売会社、住理工商事株式会社を発足(名古屋市中区)

 
2016

グローバル本社を開設(名古屋市中村区)

 

ポーランドに自動車用ホース製造会社SumiRiko Automotive Hose Poland Sp. z o.o.を設立

 

産学官連携の「九州大学ヘルスケアシステムLABO糸島」を開設(福岡県糸島市)

 
MENU