よくあるご質問

設計・施工について

TRCダンパーの設置数は?

4本が目安です。(延床面積40坪2階建て、軽い屋根の場合。)
※建物の規模により異なります。

TRCダンパーの施工配置は?

TRC-30A…4分割法を適用しX、Y方向バランスよく配置します。外周部・間仕切りは問いません。
TRC-2×4…4分割法を適用しX、Y方向バランスよく配置します。1階、内壁に配置します。

導入前にどのようなシミュレーションをしているのですか?

高層ビル等の設計を行うときに用いる地震応答解析(動的解析)をしています。解析に用いる地震波はBCJ-L2という、倒壊のチェックをする設計用告示波を使用しています。

TRCダンパー設置の効果試算はどのようにするのですか?

無料制震シミュレーションページをご覧ください。
無料制震シミュレーション

接合部の設計には影響しますか?

ダンパーを設置することにより接合部へは引き抜き力が発生します。N値計算用壁倍率を用いて、建築基準法1460号に基づいた適切な金物による接合部の補強を必ず実施してください。

3階建には使用できますか?

可能です。

設計や施工にあたって講習会等は必須ですか?

新築の場合は不要ですが、設計・施工マニュアルや施工説明書を必ず確認してください。但し、リフォームの場合は認定者から講習を受け、修了書の交付を受けてください。

リフォームの施工講習会はいつ・どこで行っていますか?

全国で随時行っておりますが、詳細日程・開催場所は住友理工までお問い合わせください。
お問い合わせ

断熱材との併用はできますか?

吹付断熱材、充填断熱材ともに可能です。

TRCダンパーと耐力壁を併用して施工することはできますか?

TRC-30A…筋かい・面材耐力壁との併用が可能です。
TRC-2×4…面材耐力壁との併用は可能ですが、その壁の壁量は0となります。

TRCダンパーと組み付ける延長木材は自分で用意する必要がありますか?

延長木材は製品の中に含まれております(A・Bの2種類)。専用品の為、施工時に切り間違え等が発生した場合は、現場にある別の木材を使わず新しい延長木材を仕入先を通して購入してください。

省令準耐火の住宅に対して気を付ける事はありますか?

住宅金融支援機構による省令純耐火構造の工法としての承認(認定番号548-1、558-2)を取得していますので、対策が必要です。詳しくは省令準耐火特記仕様書をご参照ください。

施工はどのような方法ですか?

施工が簡単ページ内の施工動画をご覧ください。
施工が簡単

施工は一人でも可能ですか?

TRCダンパーの総重量は約18Kgの為、一人での施工も可能です。

取付説明書はありますか?

製品に同梱しております。

TRCダンパーを施工する為に特別な工具は必要ですか?

通常の筋かいを施工する際に用いる工具で施工できます。

ダンパーの長さ調整はどのように行うのですか?

フレームの内法寸法に合わせて延長木材を適当な長さにカットして調整します。

現場へはどのようにして製品が届くのですか?

ダンボール梱包されたTRCダンパーを、使用本数分宅急便にて郵送致します。

ダンパーの取付は誰が行うのですか?

施工を担当する大工さんが行います。