施工事例・お客さまの声

施主さまの声

名古屋市北区 鈴木さま

TRCダンパーを新築のお住まいに組み込んだ鈴木さまは、以前建築設計の仕事に携わっていたため、安全性に関する知識も情報も豊富にお持ちでした。ご自分のお住まいにも「こうしたい」という思いをしっかり持っていらっしゃったご様子。
阿部建設さまの施工により、木造の制震住宅を実現するまでの経緯を伺いました。

木の家に住みたい。
すべてはそこから始まりました。

ずっとコンクリートの空間で暮らしていたせいか、建てるなら、時間が経つにつれて家族に馴染んでくるような「木の家」と決めていました。もちろん、ずっと安心して暮らせる家にしたい。ですから耐震壁を多くするなど、普通より強い構造にしていただいたのです。 また、阿部さんからTRCダンパーを使った制震構法のメリットを伺っていたので、気にはなっていました。

しくみは?寿命は?
一つ一つの答えが、期待感を高めてくれます。

設計段階で東日本大震災が発生。阿部さんから「TRCダンパーを組み込んでいないモデルハウスは、かなり長い時間揺れていた」と、その効果を伺い「それならわが家でも」と決心しました。家が倒れることはない!と思いましたが、家具が倒れても怪我につながりますから、ハイレベルな安心を手に入れたかったのです。
比較的安価だったことも、決心を後押ししてくれました。

例えば、家具も倒れない家。
かなえたかったのは、一つ上の強さでした。

特殊なゴムが伸び縮みして、地震の揺れを吸収する。劣化しない。
連続して余震が来ても、効果は変わらない。阿部さんや住友理工のご担当者から詳しくお話しを伺ったことで、TRCダンパーの安心感はより確かなものになりました。構造計算をしていただいた上で、最適な場所に最適な数をセッティング。建築現場で対面したTRCダンパーは、予想通りがっしりしていて、とても頼もしく見えました。