住友理工

 

住友理工

創立90周年

MENU

住友理工、創立90周年

住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:松井徹)は、2019年12月20日(金)をもって、創立90周年を迎えました。 1929年(昭和4年)12月20日に三重県四日市市で創業して以来、多くの皆様のご支援とご愛顧により90年の長きにわたり、事業活動を展開してまいりました。 ここに改めまして、感謝申し上げます。

当社は、1929年に昭和興業株式会社として創業。翌1930年に蒲田調帯株式会社に社名変更し、ゴムベルトの製造を開始しました(2003年に事業譲渡により撤退)。 1937年の株式会社住友電線製造所(現・住友電気工業株式会社)による資本参加を機に「東海護謨工業株式会社」に改称、 1950年代に現在の主力製品となる防振ゴムやホースなどの自動車用部品事業に参入した後、1961年に「護謨」の文字をカタカナとする「東海ゴム工業株式会社」へと改めました。



1942年当時の四日市工場

創業者 蒲田善蔵

  • 1942年当時の四日市工場

  • 創業者 蒲田善蔵

さらに、2014 年には、新事業・新領域への進出を加速させる原動力とするため、信頼の厚い世界ブランドである「住友」と、 高分子材料技術に代表される理化学・工学の技術を意味する「理工」を組み合わせた「住友理工株式会社」に社名を変更しました。

私たちが主な事業活動を展開する自動車産業では、「100年に一度の大変革」と呼ばれる時代の大きな転換期を迎えています。 特に、「CASE(ケース)*」と呼ばれる、かつてない大きな変化の波が押し寄せ、既存の事業の延長では生き残れない厳しい時代を迎えています。 自動車業界にとどまらず、産業における技術革新・変化の流れは以前とは比べ物にならないほど速くなっている一方で、 環境問題への対応や企業に求められる責任もますます重いものとなっています。 創業以来培ってきた技術力・モノづくり企業としての矜持を胸に、スピード感を持って果敢にチャレンジしていくことが不可欠です。

私たち住友理工グループは、住友事業精神が謳う「信用確実」「不趨浮利」、事業運営の基本である「S.E.C.-Q.(安全・環境・コンプライアンスー品質)」を忠実に守りながら、 世界中で必要とされる“Global Excellent Manufacturing Company”、すなわち「人・社会・地球の安全・快適・環境に貢献する企業」への 成長を目指して、創立100 周年に向けたこれからの10 年も一歩ずつ、着実な歩みを続けてまいります。住友理工グループのこれからの10 年にもどうぞご期待ください。

*C:コネクテッド、A:自動運転、S:シェアリング、E:電動化

  • 代表取締役 社長

    松井 徹

  • 代表取締役 社長

    松井 徹

プレスリリース、ニュースリリース

プレスリリース:住友理工、創立90周年
(2019/12/20)[872KB]

ニュースリリース:創立90周年記念式典を開催
(2019/12/24)[942KB]

MENU