住友理工の制震ダンパーは、木造住宅の新築・リフォーム時の耐震補強に効果を発揮します。

木造住宅用制震システム TRCダンパー(住友理工)

実証実験

HOME > 製品スペック > 実証実験

耐震等級1建築との性能比較

地震応答解析では、高層ビルにも使用されている設計方法を木造住宅に取り入れることにより、地震の被害をより詳細に評価できます。

力学モデル化 地震応答解析の結果

制震構造のメカニズム エネルギー吸収性能

壁単体における性能 動的実験による検証

制震壁は、エネルギー吸収性が高い

(グラフ)

住宅全体における性能 地震応答解析による検証

このケースでは制震壁が全体の約40%のエネルギーを吸収

(グラフ)

延べ床面積40坪の住宅の1方向の1F部分が受ける エネルギーと制震壁が吸収するエネルギーの比較

【解析住宅】 建物延べ床面積:40坪 屋根:重い屋根 2F/1F面積比:0.5 入力波形:BCJ L2(震度 6強レベル)

TRCダンパーの繰返し性

動的実験による損傷状況の比較

水平変位入力後の損傷状況

水平変位入力後の損傷状況のイメージ
  TRC-30 構造用合板 9mm 筋かい
1/450~1/300rad. - - -
1/120rad. - - -
1/60rad. - 釘頭出し -
1/30rad. - 合板浮き ネジ頭出し、筋かい座屈
1/20rad. 釘頭出し 釘抜け落ち、合板浮き大 ネジ抜け落ち、接合部折れ

1radは半径と弧の長さが等しくなる角度。度数法でゆくと約57.3度。(1/20rad=約2.8度 1/60rad=約1度)

制震ダンパーは耐力壁に比べ、特殊高減衰ゴムが伸びることでより大きな変形でも損傷しないことを確認し、繰返しの地震にも効果を発揮できることが実証された。

TRCダンパー専用ダイヤル【0120-144-156】受付時間は10時から17時(平日12時から13時、土日・祝日を除く)
メールでのお問い合せ・資料請求はこちらから
「東日本大震災」被災下における制震ダンパー
映像で見るTRCダンパーの性能
WEBカタログ ダウンロード
  • プライバシーポリシー
  • 会社概要
  • ビル用ダンパー
制震とは 製品の特長 製品スペック 施工の流れ 現場からの声 よくあるご質問 導入をご検討の方へ
       

住友理工株式会社 化工品事業部

〒485-8550 愛知県小牧市東三丁目1番地 TEL:0568-77-0909 FAX:0568-77-2085