安全衛生
株主・投資家、取引先、従業員
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン

安全衛生の取り組み

安全活動の取り組み

活動方針

写真

『災害ゼロ』 達成に向けて、グローバル安全活動をさらに強化しています。災害ゼロを達成する為には、安全な人づくりと設備づくりの両立なくして達成することはできません。社員一人ひとりが常に安全を意識し行動できる自律化に向け、安全文化の構築を進めています。

1.管理者自ら率先垂範し、不安全行動・不安全状態を是正する。
自分の職場は自らが守る。コミュニケーション向上。ルールを守らせる。

2.設備のリスクを低減し、作業環境を向上させる。
フォークリフトと人の接触防止。設備の安全化。化学物質や熱中症対策。定期的な清掃・整備。

3.業務の標準化と実行
安全を確保した標準化とその実行。適切な教育・訓練。

4.交通事故撲滅のための活動
事故の原因・事故が発生しやすい場所の分析と周知・指導。

グループ全体の共通活動

活動方針の他、グループ全体の共通活動として、下記の活動に、日々取り組んでいます。

活動名内容
止める・呼ぶ・待つ異常発生時の基本行動 ①作業を止める ②上司を呼ぶ ③上司を待つ
吸上げ活動管理監督者による声掛けと従業員から打ち上がった意見の早期対策
ポケ手ナシ歩行中の労働災害を防止するための5つのルール

社長、管理監督者による安全対話

経営層や管理監督者による安全対話を実施し、従業員との定期コミュニケーションを継続しています。リーダー自らが、従業員が安全・安心して働ける快適な職場風土の醸成を図っています。特に、2019年度は、日本国内での労働災害が頻発したことをきっかけに、安全衛生委員長自らが、国内全拠点の現場を巡視し、作業者との対話を中心に、“起こってからでは遅い・未然防止をやりきる”という趣旨で、管理監督者と取り組み方を共有しました。

写真
写真

社長安全対話

写真
写真

安全衛生委員会 安全巡視

グローバル安全標準

写真

2015年から、当社独自のグローバル安全標準(グローバルセーフティースタンダード:GSS)を制定し、活用しています。①設備、②工事、③作業、④安全管理に加えて、フォークリフト、動力遮断、切傷災害防止のGSSをあらたに加えました。また、安全管理のうち、職場巡視のGSSの拡充をしています。

写真

全社工事安全研修会

さらに工事協力会社様に向けては、安全な工事施工を行っていただくために、年1回、全社工事安全研修会を工事協力会社様と協働開催しています。

グローバル安全監査

当社グループ生産拠点の自律化に向け点検活動を進めています。ISO45001の重要部分やGSSを監査基準にグローバル安全監査を実施しています。活動の強み・弱みを共有して改善を進め、グループ内へ横展開しています。現地現物での監査が基本ですが、新型コロナ禍をふまえて、リモート監査手法の導入にも取り組んでいます。

写真
写真

グローバル安全監査
2019年7月 中国 東海橡塑(嘉興)有限公司にて

労働災害データ

第三者保証

労働災害受傷者数推移

第三者保証

休業度数率※1推移

※1 休業度数率:延べ労働時間100万時間あたりの休業災害受傷者数

※2 データ出典元:「平成31年/令和元年 労働災害動向調査(事業所調査(事業所規模100人以上)及び総合工事業調査)の概況」(厚生労働省)を加工して作成

健康管理の取り組み

当社は、住友理工グループ全ての社員とその家族が心身ともに健康であることは「会社の健全で持続的な成長を支える経営基盤」であると考えており、2017年4月に「住友理工グループ健康経営宣言」を定めました。

住友理工グループ 健康経営宣言

住友理工グループは社員の健康管理を重視し、「健康経営」の実現に向けた取り組みを推進します。

本健康経営宣言に基づく、健康増進活動に取り組む社員への積極的な支援と、組織的な健康増進施策の推進により、社員の健康意識を高め、「社会から高く評価され、信頼されるとともに、社員が健康でいきいきと活躍できる」企業グループを目指します。

3つの重点対策

  • (1)社員や家族の健康増進活動へ支援
  • (2)メンタルヘルス対策
  • (3)生活習慣病対策

4年連続「健康経営優良法人ホワイト500」に認定

ロゴ

2020年3月、当社は「健康経営優良法人ホワイト500」に4年連続で認定されました。社員の健康管理は会社の重要な役割と考えており、人事部ヘルスケア室が中心となり、グループ各社の健康管理担当者と情報共有、連携を図りながら、一丸となり、活力のある組織づくり、社員一人一人の健康増進活動に取り組んでいます。

2018年度
実績
2019年度
実績
2022年度
目標
定期健康診断受診率 100% 100% 100%
喫煙者の割合 33.1% 31.6% 25%未満
運動習慣のある人の割合 18.4% 19.5% 30%以上
ウォーキングイベント参加人数/回 228人 309人 1,000人以上
健康増進に関する研修参加人数 1,171人 1,199人 1,500人以上

重点取り組み事項

3つの重点対策の取り組み

(1)健康増進活動

当社では、社員の日々の安全対策、健康な体づくり、運動習慣づくりを行うために、毎日、業務開始時に全員参加で当社オリジナルの健康体操を実施しています。特に、運動習慣のある社員の比率を高めるために、ウォーキング推奨活動、体力測定、健康増進につながる色々な社内教育・研修、健康イベント企画等に取り組んでいます。全社員を対象とした教育研修だけでなく、各職場からの要望に応じた研修も実施しています。

写真

業務開始時の健康体操

写真

社内研修(50歳研修)の様子

2019年10月に開催した50歳研修では当社開発製品であるSRソフトビジョン等を活用した体力チェックを実施しました。

写真

健康イベント開催
家族でウォーキング

(2)メンタルヘルス対策

現在当社では、全社員を対象にした①メンタルヘルス未然防止教育等の社内研修②毎月開催している精神科専門医との個別相談を行うとともに、メンタルヘルス不調者への早期対応や、当社オリジナルの復職プログラムを用いた復職・再発防止策に取り組むなど、総合的なメンタルヘルス対策を実施しています。また、当社では各職場の就労環境や組織活力度をより把握するために120問のストレスチェックを実施しており、その分析結果をもとに職場単位で改善活動に取り組んでいます。

写真

ストレスチェック
2019年10月集団分析結果説明会の様子

写真

復職プログラム ガイドブック

(3)生活習慣病対策

スマートクラブ活動 女性がん予防などの健康セミナー

社内では「住友理工スマートクラブ(SSC)」という名称で参加者を募り、参加メンバーがともに体重を減らしながら生活習慣病予防のための生活改善に取り組む活動を行っています。
また、女性がいきいきと働いていくために、女性特有のがん対策や更年期障害への対応等をテーマとした「女性セミナー」を開催しており、2019年度は女性社員110名の参加がありました。

受動喫煙・禁煙対策

重点項目の1つとして受動喫煙・禁煙対策に取り組んでいます。現在、2022年に、喫煙率を2019年より5%以上減少させる事を目標に掲げており、喫煙者に対しては、毎月22日に「スワンスワンの日」として屋外喫煙場を巡回して禁煙を呼びかけるなど、継続的に禁煙推進活動を実施しています。また、2019年は、禁煙を志す社員を募りグループで協力しながら禁煙に取り組む「住友理工禁煙チャレンジ(SKC)」という活動を行いました。

写真

住友理工禁煙チャレンジ(SKC)
2019年7月の会合の様子

写真

禁煙ポスター

グループ会社との連携

写真

グループ会社における健康研修
2019年8月住理工山形にて

当社グループの社員の健康増進施策を推進していくために、当社健康研修プログラムを関係会社で開催する等、グループ全社と連携強化し健康増進活動に取り組んでいます。

住友理工グループの健康増進活動の取り組み成果を社外へ発信

写真

活動の社外発信
2018年10月 全国産業安全衛生大会

全国産業衛生大会、日本産業衛生学会等において、受動喫煙禁煙対策やメンタル不調者に対する客観的指標を用いた当社の復職プログラムや、ストレスチェックを活用した職場改善活動など従業員の健康保持増進に取り組んだ成果を発表しています。

会社、労働組合、健康保険組合との連携強化

写真

2019年5月
労働組合幹部研修会における支援

現在、会社と健康保険組合とのコラボヘルスだけでなく、会社・労働組合・健康保険組合と定期連絡会を行い、社内の健康関連情報を共有し協働で対策を講じる等、3者間の連携を強化し、社員の疾病予防・健康増進活動に取り組んでいます。

住友理工株式会社

お問い合わせ お問い合わせ窓口をご案内します。