ステークホルダーとの対話
従業員、地域社会

ファクトリーダイアログ in 豊後高田

CSRファクトリーダイアログ in 豊後高田

ステークホルダーとともに歩む関係づくり

写真

住友理工グループは、地域社会さらには世界中の人々の持続可能な発展に向け、企業活動を通じて社会に貢献するために、CSR活動を進めています。活動を進めるためには事業所の立地する地域との連携も必要であると考え、これまで各製作所でステークホルダーと対話を行うファクトリーダイアログを開催してきました。
今回、ファクトリーダイアログを開催したのは大分県豊後高田市のTRI大分AE(現・住理工大分AE)です。豊後高田市には大分AEをはじめとする主力生産拠点が3拠点あり、この地で開催できるのは大変意義深いことです。地域住民、行政、市民団体の皆さまと「直接対話」を図り、双方向のコミュニケーションを深めることで、より地域に根ざし、地域から必要とされる企業として発展していくことを期待して「CSRファクトリーダイアログin豊後高田」を実施しました。

参加者

【ファシリテーター】

  • 三浦 逸朗 氏公益財団法人おおいた共創基金 理事長

【ステークホルダー(50音順)】

  • 岡田 正彦 氏大分大学高等教育開発センター 准教授
  • 小川 由美 氏NPO法人アンジュ・ママン 施設長
  • 佐藤 良雄 氏豊後高田市社会福祉協議会 常務理事
  • 永松 博文 氏豊後高田市長
  • 野田 洋二 氏豊後高田商工会議所 会頭
写真

このファクトリーダイアログでは、地域、大学、行政など多様な立場からご意見をいただきました。対話のなかには具体的な提案もあり、未来の豊後高田市づくりにこれまで以上の協働が期待できる発言もありました。当社側からは、尾崎・代表取締役執行役員副社長、大橋・取締役常務執行役員、久岡・常務執行役員、TRI大分AE、TRI九州、東海化成九州の各代表者が出席しました。

参加者からの声

住友理工グループとのこれまでの関わりについて

  • 豊後高田市において、今後も事業を継続していただくことに期待している。地域のお祭りにも積極的に参加いただき、地域住民との親密な連携に感謝している。
  • 豊後高田市民の働き場所を確保していただくことで、定住人口を増やす大きな力となっている。
  • 豊後高田市にある宿泊施設の稼働率が増加している。観光だけでなく、住友理工グループの打合せ等による宿泊も考えられ、地域経済に良い影響を与えている。今後も積極的に、豊後高田市に宿泊滞在していただきたい。
  • 住友理工グループの従業員に市内子育て支援施設の利用をいただいている。地域住民のふれあいの場であり、これからも積極的に利用してほしい。

住友理工グループの地域貢献への今後の期待

  • 豊後高田市には豊かな自然を活用した市民活動も多くあり、社内研修などで積極的に活用していただければと思う。
  • 地元の長崎鼻キャンプ場では、菜の花フェスタなどのイベントだけでなく、特産品を使っての事業化も進めている。イベントへの活動参加だけでなく企業技術の活用の可能性もあるのではないだろうか。
  • 地元出身の学生へインターンシップの提供はできないか。積極的な地域人材の登用をお願いしたい。
  • TRI九州(現・住理工九州)では育休明けの女性に向けてワークシェアリングが行われている。市内子育て支援施設を活用いただき、ワークシェアリングのいっそうの推進を期待している。
  • 豊後高田市は子育てだけでなく、介護支援にも力を入れているので、ぜひ定住をお願いしたい。

「協働」を通して持続可能な地域社会づくりを推進するために

今回のファクトリーダイアログでは、住友理工グループと地域の絆をより深める前向きな意見が聞かれました。学生インターンやワークシェアリングなど、地域人材の登用に向けた環境づくりを通して、住友理工グループと地域がさらによい関係を築くことが期待されます。参加者からの積極的な意見による、具体的な協働への道筋が見えるダイアログの場を持てたことは大きな成果であったと考えます。

(2015年6月実施。肩書きはいずれも当時)

住友理工株式会社

お問い合わせ お問い合わせ窓口をご案内します。