住友理工

 

住友理工

品質への取り組み

Quality Initiatives

MENU

全社品質方針

住友理工グループでは、お客様にご満足いただき、お喜びいただける魅力ある製品を世界に提供することを使命と考えています。この使命遂行に向けて“住友理工グループ全員が、お客様第一の心を持って「仕事の品質」を高め、世界No.1品質を実現する”を全社品質方針とし、グループ全体で品質向上活動に取り組んでいます。

品質統括体制

住友理工では、品質統括責任者(Chief Quality Officer::CQO)を2016年に配置し、全社の品質機能を統合した品質保証統括本部を設置しました。
品質保証統括本部は事業部門からの独立性・公正性を保ち、監査機能の強化や事業部と連携した仕組みの構築等、グループの品質保証をより高いレベルに上げる組織体制としました。
モノづくり企業としてお客様の期待を超える品質マネジメントシステムを創り上げることで、お客様をはじめとするすべてのステークホルダーに安心・安全をお届けします。

品質委員会

住友理工グループでは、2017年度より、従来、事業運営の基本として掲げてきた「S.E.C.(安全・環境・コンプライアンス)」に新たに品質(Quality)の「Q.」を加え、S.E.C.‑Q.とすることに決めました。
これに伴い、CSR委員会のなかに「品質委員会」を設置し、品質のPDCAが回っているか監視する機能を強化していきます。また、品質委員会の下部会議体として、各事業部門における品質レビューの場として「全社品質会議」を、重大品質問題の進捗管理および教訓抽出・展開の場として「市場品質会議」を設置し、製品品質および仕事の質強化に向けた強固な推進体制を構築していきます。

品質マネジメントシステムの認証取得

住友理工グループの品質保証システムは、自動車用品部門の国際規格であるIATF16949(ISO/TS16949から新たに移行した新しい規格)を基準に構築しており、一般産業用品部門においてもISO9001を確実に運用することで、製品および市場品質の継続的改善に努めています。また、海外拠点における品質保証システムの構築にも積極的に取り組み、全拠点でIATFまたはISOの認証取得を目指しています。

SRK-GQSによる品質保証システム

住友理工グループにおいては、グローバル化が加速する中、全グループが遵守すべき統一ルールの制定が必要であり、事業、拠点毎に異なる「品質保証システム」を上位レベルで統一し、活動のバラツキを無くし、「全数保証」と「不適合品納入"0"」を実現する目的でSRK-GQS(SumitomoRiko Global Quality Standards)を制定しました。ISO9001及びIATF16949をベースに、住友理工グループのベストプラクティスを織込み、グループ全体での遵守必須事項を規程としています。
SRK-GQSは9規程で構成されていますが、2018年度はまず主要3規程である「製品設計管理規程」、「工程設計管理規程」、「量産工程管理規程」、及びそれに整合した「事業部標準」を作成し、グループ全拠点で運用を開始する計画です。また、残り6規程についても2020年度迄に運用を開始予定です。

グローバル品質体制監査システム

グローバル化する住友理工グループの品質保証体制をさらに確実なものにステップアップさせることを目的に、2011年度よりお取引先様を対象に、2013年度より国内および海外グループ会社を対象に、グローバル品質体制監査を実施しています。この監査は、トップマネジメントをはじめとする品質保証体制構築の必須項目をグローバル共通チェックシートに基づき製造拠点単位で監査し、品質保証に対するマザーの考え方を伝えるものです。
2017年度も引き続き海外グループ会社、お取引先様に対し監査を実施しました。2018年度も初回監査から3年が経過したお取引先様に対する更新監査を継続実施し、品質保証体制の強化・向上に努めていきます。

品質リスクに対する活動

住友理工グループでは、法規制とそれを基にした社内基準に従って評価を徹底し、製品安全の確保に努めています。
2017年度は、不適切行為の有無を監視するため、2016年度の国内に引き続き、中国エリア10拠点に対して、内部統制的な品質監査を実施してきました。2018年度は、「品質統制監査」という名目にて、アジア、米州、欧州に対しても展開し、品質リスクに対する対応をグローバルで強化していきます。

EDERシステムの展開

住友理工グループでは、市場品質保証活動の一環として、EDER(早期発見・早期解決)システムを展開しています。このシステムは迅速な情報入手による早期対応を可能とし、品質リスクの未然防止、拡大防止に効果を発揮するものです。
2012年度から国内での運用が定着し、現在はグローバルに展開しています。

お客様からの評価

住友理工グループでは、日本国内はもとよりグローバル各拠点でも「品質」「コスト」「納期」に対する改善活動を行っており、毎年度、世界中のお客様から高い評価をいただいています。2017年度は21拠点で48件(国内5件、海外43件)の表彰を受けることができました。

MENU