住友理工

トップページ > 会社情報 > 経営方針

経営方針

トップメッセージ

世界中で必要とされる“Global Excellent Manufacturing Company”への飛躍を目指して

住友理工は、1929年の創業以来、時代の方向性や市場ニーズを的確につかみながら、自動車用品から一般産業用品、新事業分野へと事業領域を着実に広げ、高付加価値の製品を世に送り出してきました。

2014年10月1日には、長く親しまれた「東海ゴム工業株式会社」から現在の「住友理工株式会社」へと社名を変更、世界に通用するブランド力構築に向けて大きな転換を図りました。
モノづくり企業として長年にわたって培ってきたコアコンピタンス「高分子材料技術」「総合評価技術」を軸に、住友事業精神が謳う「信用確実」「不趨浮利」を忠実に守りながら、「安全・環境・コンプライアンス(S.E.C.)」の取り組みを忠実に積み重ねていくことにより、世界中で必要とされる“Global Excellent Manufacturing Company”、すなわち「人・社会・地球の安全・安心・快適に貢献する企業」への飛躍を目指してまいります。
皆様におかれましては、当社の企業活動についての一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

取締役会長 西村義明 社長 松井徹

社是

営業の要旨

  • 第一条 我が住友の営業は、信用を重んじ確実を旨とし、以てその鞏固隆盛を期すべし。

  • 第二条 我が住友の営業は、時勢の変遷、理財の得失を計り、弛張興廃することあるべしと雖も、苟も浮利に趨り、
        軽進すべからず。

    ※住友合資会社社則(昭和3年制定)より

第一条 住友の事業は、何よりも信用・信頼を大切にすることを基本にすべき。

第二条 社会の変化に迅速・的確に対応し利潤を追求すべきであり、既存の事業に安住することなく、常に事業の興廃を図る積極進取の精神が重要である。一方で、「浮利」すなわち一時的な目先の利益や道義にもとる不当な利益を追求してはいけない。

基本理念

住友事業精神を踏まえ、住友理工は、

  • 1.技術革新を基盤にお客様の要望に応え、優れた製品・サービスを提供します。

  • 2.安全を経営の最重要課題と位置付け、人・社会の安全確保に努めます。

  • 3.地球環境に配慮し、よりよい社会環境づくりに貢献します。

  • 4.高い企業倫理と遵法の精神で、世界各国の地域社会から信用・信頼される企業を目指します。

  • 5.従業員の多様性、人格、個性を尊重し、活力溢れる企業風土を醸成します。

マネジメント体制

コーポレートガバナンス

急激な事業環境の変化に即応した積極的な施策の遂行と、それに伴うリスクを適切にコントロールすることにより、事業の健全な発展を期することが求められています。ステークホルダーの皆様の期待に応えられる経営の実現のために、取締役会の機能強化を軸としたコーポレートガバナンス体制の強化を図っています。

コーポレートガバナンス体制図

コーポレートガバナンス体製図

コンプライアンス組織

住友理工グループでは執行役員副社長が委員長を務めるコンプライアンス委員会がグループのコンプライアンス活動を統括し、当社にとって重要な諸施策を組織的・計画的に推進しています。委員会は2カ月ごとに開催しています。
また、コンプライアンス責任者である各部門長および子会社の代表者のもと、課長クラスのコンプライアンス・リーダーが職場毎のコンプライアンス活動を推進しています。
コンプライアンスに関しては、相談窓口を社内と社外(弁護士事務所)の双方に設け、従業員ほかステークホルダーからの相談・申告を広く受け付ける体制としています。このほかにもハラスメント専用窓口など相談テーマ別の窓口を整備しています。

リスクマネジメント

経営環境のグローバル化や新事業分野への業容拡大に伴って、当社の事業運営上のリスクは多様化し、その管理の難易度は高くなっていますが、社内各部門・グループ会社からの情報収集体制を整備し、グループ全体でのリスクの把握に努めることにより、その分析、評価に基づき、対応すべきリスクの選別、対応方法を選択し、事業運営への影響の極小化に取り組んでいます。
具体的には、執行役員副社長が委員長であるリスク管理委員会を設置するとともに、同委員会の事務局機能を務めるリスク管理専任組織であるリスク管理室を設置しています。リスク管理委員会は「リスク管理基本規程」に基づき、定期的なリスク調査等を実施するなどリスクマネジメント活動を統括し、推進しています。
事業上の主なリスクとしては、政治情勢、需要動向、法規制の変更、訴訟等の紛争、自然災害、金利変動、為替変動、原材料の高騰、情報流出、製品の欠陥などを認識しており、これらのリスクへの防止・対応体制の整備に取り組んでいます。

会社情報

ページ先頭へ戻る

©Sumitomo Riko Company Limited 2013.